日払いのお仕事探しはフリースタッフサービス!

アウトバウンドについて

アウトバウンドの仕事って?

電話のお仕事にはインバウンド(受信)とアウトバンド(発信)の2種類があります。

1.お客様から掛かってくる電話を対処するインバウンド業務
2.名簿などのリストに対して電話を掛け商品の販売や営業訪問の日時を取り付けるアウトバウンド業務
当社で扱っているお仕事の大半は発信業務ですが、商品の販売・営業訪問のアポを取るものではなく、その前の段階≪資料送付の許可取付け≫がメインになります。※会社によって異なります

そのため、受信業務しか経験がない・アウトバウンド未経験という方でも安心してお仕事していただけます。

アウトバウンドで働くメリット

どの職種にもいえることですが、営業という仕事ではとくに正しい言葉遣い・テンポのよい会話が必要とされます。
電話業務の場合は相手の顔が見えないため、いかに安心感をもって話を聞いてもらえるかがポイントになります。
その為、言葉遣い(敬語)・コミュニケーション能力など社会人としてのマナーを身につけることが出来ます。

アウトバウンドはどんな人が向いている?

失敗をしてもめげずにチャレンジしていける人。(向上心が強い人)
人とコミュニケーションをとるのが得意な人。
長時間座ったまま電話を掛け続けるため、根気と粘り強さがある人。

アウトバウンド経験者からのメッセージ

30代 女性

仕事をしようと思ったきっかけ

以前にもテレアポの仕事をしていて、自分に向いていると思いまたやりたいと思ったため。

40代 女性

仕事をしようと思ったきっかけ

今まで営業の仕事をずっとしていました。
アウトバウンドは初めてでしたが、人と接する仕事という共通点から興味を持ちチャレンジしてみようと応募しました。

50代 女性

仕事をする上で心がけていること

普通の接客とは違い、顔の見えないお客様を相手にする仕事なので、失礼の無いように対応することと、丁寧な言葉遣いをすることを常に心がけています。

50代 女性

仕事をする上で心がけていること

アポが取れなかったり、色々と辛いときもありますが明るく前向きに対処出来るように心がけています。

50代 女性

仕事をしてみての感想(仕事内容・職場の雰囲気)

会社によってやり方も違うし厳しいところもあるが、仕事はやりやすいので頑張って長く続けることが出来ています。

お仕事情報へ
仮登録へ